マルガ・サリ(Marga Sari)は、大阪府豊能町牧地区にある寒天工場を改装した「スペース天」を本拠地として、1998年3月に結成されました。

インドネシア中部ジャワの伝統音楽(カラウィタン)を軸に、ガムラン楽器をメディアとしたあらゆる演奏活動を試みています。

「マルガ・サリ」という名はジャワ語で「花の道」を意味します。


 これまで、本拠地(スペース天)での定期公演のほか、日本各地にて公演を行ってきました。

また野村誠、北浦恒人(日本)をはじめ、ウィル・エイスマ(オランダ)、マントル・フッド(アメリカ)、マイケル・アスモロ(インドネシア)など多くの作曲家が、マルガ・サリのために新作をつくっています。


さらに2001年より、野村誠を音楽監督に迎え、ガムラン音楽をベースとした創作舞踊劇「桃太郎」の制作を開始し、ザ・フェニックスホール、碧水ホールにて第一幕第一場、氷室神社にて第一・二場が上演されました。

また関西の各地の小中学校でも伝統曲と一緒に演奏され、好評を得ています。


 私たちはグループ結成当初からインドネシア国立芸術大学と提携し、頻繁に交流を行うとともに、私たち地域に根ざした音楽活動を重視し、地元の子供会との共演のほか、東能勢小学校の社会科見学、小中の音楽教員の研修などを通じて、交流を深めてきました。

そういった活動が広がりをもち、世界の多くの人々の耳へと、私たちの音楽が広がり届くことを願っています。


代表 大井 卓也

音楽顧問シスワディ(インドネシア国立芸術大学教授)

 

 

マルガサリのこれまでの主な活動


2017
影絵劇「みなづきのかげ」音響彫刻ライブ vol.3 (京都ロームシアター・アトリウム)

2016
釜ヶ崎オ!ペラ vol.2 (西成区民ホール)
「ジャワの風」(大阪市立大学田中記念館)

2015
釜ヶ崎オ!ペラ(西成区民ホール)
京都府 ジョグジャカルタ特別区友好提携30周年記念演奏会(宮津会館)
ガムラン 典雅な響きと舞い(逸翁美術館マグノリアホール)

2014
第6回創造音楽祭(インドネシア芸術大学)
植物園ガムランコンサート(大阪市立大学理学部付属植物園)
ユドヨノ大統領博士号授与記念式典(立命館大学)

2013
平田オリザ・ロボット演劇「銀河鉄道の夜」(北ヤードナレッジ・キャピタル)
アジア音楽シリーズ・船場博覧会(三井ガーデンパレスホテル)

2012
第4回創造音楽祭(インドネシア芸術大学)
熱帯音楽祭(大阪市立大学田中記念館)

2011
影絵幻想・ジャワのワヤンクリ(アクトシティ浜松音楽工房)
作曲家の個展「三輪眞弘」(サントリーホール)
ジャカルタ芸術大学との共同公演「境界のカラダ」(大阪市立大学田中記念館)
ジャワガムランと王宮舞踊(稲盛ホール)

2010
「侵蝕するガムラン」(国立民族学博物館)
インドネシア芸術大学+マルガサリ公演(河内長野市ラブリーホール)
京都・ジョグジャカルタ友好府州締結25周年記念「ブドヨ」公演 (立命館大学)

2009
インドネシアの舞踊と音楽(富田林市ホール)
マンディ・サマサマ vol.2 (CAPハウス)

2008
Mandi Seni Samasama (ジョグジャカルタ)
第2回現代アートの森「森のコモンズ」(大阪府豊能郡)
『桃太郎』インドネシアツアー(ジャカルタ、スラバヤ、ジョグジャカルタ)
第2回ソロ国際民族音楽祭(ソロ)
ガムラン・コモンズ in 大垣(大垣市 IAMAS)
アートコンプレックス 2008(横浜県民ホール)
 

IMG_0710